自分にあったカラコンを選ぶために

カラコンと一言でいっても、カラーやサークルのサイズ、酸素の透過性、使用日数などメーカーによっても多種多様なものがあります。

まずは、カラコンをつけて、自分がなりたいイメージを考えると、たくさんある種類の中から選びやすくなると思います。

例えば、きっちり見せたいときには黒系、柔らかい雰囲気に見せたいときは茶系、さりげないオシャレ感を出したいときにはグレー系、ちょっと遊び心を出したいときにはグリーンや柄が入ったものなど、その日の気分や普段のファッションも併せて考えてみるとイメージがつきやすいと思います。

そして、大体使用してみたいカラーを決めたあとにサークルのサイズを考えます。

自然に見せたいのか、くっきりみせたいのかによってサークルのサイズが大きく変わります。カラーを選ぶときもそうですが、特にこのサークルのサイズに関しては使用例を参考にした方が、実際に使用してみたときのイメージがしやすいので、使用例を参考にすると非常に良いと思います。

そして、使用日数もカラコンを選ぶ際に重要になってきます。

最近だとカラコンでもワンデーも発売されるようになりましたが、ほとんどがワンマンスやツーウィークだったりします。どのタイプかをよく読んで、ケア用品を揃えます。


最後に使ってみたいと考えるカラコンの口コミをネットで検索してみると良いと思います。実際に使用した方の口コミは非常に参考になるからです。

実際に使用してみて、カラーの見え方、サークルのサイズの印象、目の乾き具合やズレ具合などが書かれているとなお参考になります。

特に目の乾き具合やズレ具合は個人差もあり、一概には言えないですが、乾く・ズレるといった声が多いものは避けたほうが無難なので、口コミもカラコンを選ぶ際に欠かせない情報になります。

自信が持てる魔法!

カラコンといっても様々な種類があります。

わたしがまず重視するのはいかに自然に見えるかということです。つけるものによっては虫のように見えたり、焦点があっていなくて怖い、と言う人も多くいます(特に男性)。

一般的に男性はカラコンをつけている女の子よりも、つけていない子のほうが好きだという意見も多いです。そのためわたしはまず自然な瞳の色になじむような色を選びます。


かといって元々の目が茶色い人が黒いコンタクトをつけても、ただの浮いた印象になってしまいます。自分の目にあった色を選ぶのが大切です。

さらに自分のもともとの目の大きさも重要です。

わたしは14.8の大きさを使っておりますが、元の目があまりにも小さい人がこれをつけた場合、白目がなくなりほとんどが黒目のような状態になります。

元の目の大きさを考えて選ぶようにしています。

ふちがくっきりありすぎるものも、不自然な印象を与えてしまいがちなので、縁なし、もしくはふちの細いものを選ぶようにしています。

今はふちがあまりなく、目となじむカラーコンタクトも増えているのでモデルの人がつけている写真を参考にしながら選んでいます。

黒目の大きさは重要でやはり大きめの方がかわいらしく、赤ちゃんのような印象を与えることができます。

これからも上手に使って可愛く見せられるようにしていきたいですね!

アイメイクのポイントはまつげです

私の場合、アイメイクのポイントはまつげです。私はもともとまつげが長く、濃くて太いのが自慢でした。そのため、まつげエクステやつけまつげはしていません。

自分のまつげをしっかり活かして、メイクをすることを心がけています。

私のメイクは、あまり色を使いません。色をのせるのはチークやリップのみで、他はベージュに近い色を使っています。それはアイメイクでも同じです。

その代わり、アイメイクではまつげにポイントを持ってきて、目元が地味にならないように気をつけています。

実際のメイクでは、まつげをしっかりビューラーで上げたあと、多めにマスカラをつけるようにしています。

ビューラーはホットビューラーを使い、熱の力でまつげが下がらないようにしています。

マスカラは数種類使っています。マスカラ下地にはマジョリカマジョルカ、上まつげのマスカラはメイベリン、下まつげにはオペラのマスカラを使っています。

下まつげのマスカラは少し小さめのブラシで、下まつげにしっかりとマスカラを塗れるようにしています。

まつげがポイントのメイクなので、アイラインやアイシャドーは控えめですが、いろいろな人から「目が大きいね」と言われます。

ナチュラル系メイク

最近では涙袋メイクなども流行っていますが、ずっと変わらないのはいかに自然に強調するかということだと思います。

ナチュラル系のメイクが流行っているように感じます。つけまつげなどよりもまつ毛エクステが流行っていたり若い女の子達の間では、ガッツリメイクよりも自然に可愛らしくということがテーマのようです。

まつ毛エクステをするだけでも印象はがらっと変わるので、余裕のある人は是非やってみた方がいいと思います。リスクも少ないので手軽に出来ると思います。
自然なカールとボリュームを手に入れる事が出来ます。

まつ毛エクステなり、つけまつげをしてからアイラインをひきます。
リキッド系でなるべく細く、まつ毛とまつ毛の間を埋めるような気持ちでひきます。
目尻を少しだけ垂れさせたり、あげたりする事で印象が変わるので、そこはお好みでいいと思います。

アイホールに薄めのベージュをぬり、次にブラウン系の色をまぶたの真ん中から目尻の方へ伸ばします。
はじめに引いたアイラインの上に、さらに濃いブラウンを幅を細く引くようなイメージでのせます。それを少しぼかすような感じで伸ばしていきます。

ハイライトでラメ入りのものを、目頭に少しだけいれます。
多めにつけてしまうとナチュラルメイク感がなくなってしまうので程々にします。
最後に涙袋にも同じくハイライトを入れて完成です。

あとカラコンを上手く選ぶとすごい変わりますよね
ナチュラル系でさり気なくってのも良いかもしれません。

目のカタチを意識してる?

メイクの時間が長い人というのは、ほとんどアイメイクにチカラを入れているんじゃないかと思います。

マスカラ、アイライナー、アイシャドウ、、、、アイテムも多いですもんね。
一重の目を二重にしたいなら、さらにひと手間。
オンナってたいへんだな~。

さて、そんなに手間ひまかけたメイクですが、ちゃんとメイク「アップ」になってますか?
もしや「ダウン」してるなんてことは、ありませんか?

「目を大きく見せる」ことに、がんばっている人が多いんですが、あれは気をつけないといけません。

遠くから見ている時はいいんです。どこにどれだけ手を入れたかなんて、わからないから。

問題は、近づいてみた時です。

目の上のアイラインが7ミリもあるとか。
目のふちから5ミリ下に、まつ毛がついているとか。

ほんと、離れてみる分には大丈夫ですけど、話をする相手には全部見えますよ。

目を大きくしたいのはわからなくもないんですが、そんなにハッキリ努力のアトが見えるのは、いかがなものでしょう。
できれば自然に、素顔がきれいと思われた方が、よくありませんか?

そこで、意識してほしいのは、じぶんの「目のカタチ」です。
多くの人は、これを無視しているから、目の輪郭が崩れて不自然になっているんです。

アイラインは目のふちのカーブを延長させるように。
まつ毛は、目のふちの近くに。それだけで自然に近づきます。

あとはカラコンを上手に使うとバッチリかな
私のお気に入りはこちらで売っているのですが、ヴィーナスアイズは色々なシーンで使えていいですよ

視力や大きさなど自分に合うものが良いカラコンの選び方

最近、色々なカラコンが出ています。

カラコンの色は豊富で、次から次へと試してみたくなります。

カラコンをすると目が大きくパッチリとして見え、ナチュラルメイクでも盛れるのが良いです。

特に、目が悪い人にとって、度ありのカラコンは一石二鳥のメリットの大きいものだと思います。

色々な種類があって選ぶとつい迷ってしまうカラコンですが、大切なのは選び方です。

目を大きく見せてくれるお洒落にも活躍するカラコンですが、選び方が重要だと言えます。

カラコンを選ぶ時は大きければ大きい程盛れるから良いと思ってしまいがちですが、実際はそうではありません。

カラコン選びで大切なのは、自分の目の大きさに合ったものを選ぶことです。

あまりにも無理に大きいものを選んでしまうと、目に傷をつけてしまう危険もあります。

自分の目の大きさに合ったものが一番似合いますし、安全にカラコンを使用するためにもどれが自分の目の大きさに合うか考えてカラコンを購入するべきです。

また、度ありの場合は自分の視力に合ったものを選ぶ必要があります。

カラコンを購入する前に必ず眼科に行き、自分の視力を把握してから選ぶようにしましょう。

カラコンの色は好みもありますが、似合う色や使う状況に合わせて選ぶのが良いでしょう。
ハロウィンの仮装なら奇抜な色を選んでも良いですが、普段は茶色や黒色の方が印象も良くなります。